グルメ情報ページ

最終更新日:2017/04/13 1つ前のページに戻る

菓舗 松陽軒

創業100年を超える老舗和菓子店として地元に愛されています。

  • ショップHOME
  • 当店の魅力を紹介
  • ピックアップメニュー
  • ショップDATA
  • 掲示板

企業トップイメージ

電話番号 TEL:096-353-2022
住所情報 熊本市中央区魚屋町2丁目13
アクセス ◆熊本市電、呉服町停留所の前

イベント・トピックス

    今イベントがありません。

当店のここがこだわり!~熊本ブランドに選ばれた理由~

店主のこだわり

動画

菓舗 松陽軒のこだわりのポイント

創業者松尾左平は、長崎の老舗松翁軒で修行を積み、明治43年、熊本市に松陽軒菓舗を創業。現在は4代目大竹保晴により、伝統の技術を受継ぎながら新しい商品の開発も積極的に行っている。松陽軒を代表するお菓子「肥後しおがま」をはじめ、全ての商品は1つ1つ手造りされており、原材料も出来る限り国産品を使いながら、地元の材料にも目を向け安心、安全を第一に地産地消にも取り組んでいる。

こだわりの一品

推薦商品:肥後しおがま

【商品コメント】

松陽軒を代表するお菓子であり、松陽軒といえば「あー、しおがまの」とお客に言われるほど認知度の高い商品である。

原材料の餡に使用する小豆は北海道産、まわりのラクガン生地には九州産のもち米を原料にした落雁粉を使用している。

【価格】108円

【その他・備考】

現在使っているしおがまの型は、昭和の初期から代々使い続けてた物である。

ピックアップメニュー

しおどらやき

創業100年を記念して新しく造ったお菓子。小麦粉や小豆は北海道産を使用。
職人が丁寧に練り上げた餡を使い、フワフワした生地で包みました。

百年ぷりん

創業100年を記念して老舗和菓子店が造るこだわりのぷりんとして登場。
牛乳には小国ジャージー牛乳を使用。お砂糖には北海道のてん菜糖を使うなど、こだわりの一品。

宇治の里

創業時からあるお菓子。製菓用ではなく本物の宇治の抹茶を使っています。
熱々のお湯で溶かして飲む物です。
抹茶の薫が広がる甘くてトロッとした葛湯のような飲み物です。

羊羹郡の浦

創業時からある黒糖味の羊羹。
戦前は熊本三角の先の郡の浦地区で採った黒糖を使って製造していたのでこの名前がつきました。
職人2人が半日かけて造り出す羊羹は深いコクと薫りの豊かな物で、一度に160本ほどしか造れない手間のかかった一品。

基本DATA

動画

名称 菓舗 松陽軒
住所 熊本市中央区魚屋町2丁目13
TEL 096-353-2022
FAX 096-353-4646
営業時間 8:30~18:30
定休日 日曜日
アクセス ◆熊本市電、呉服町停留所の前
クレジットカード 不可
駐車場
個室

掲示板

熊本ブランド.com参加企業とサイト会員様のコミュニケーション掲示板を用意しています。
※最新の書き込み5件をご紹介します。